A B O U T カラコン開発部とは?

カラコン開発部活動の様子

自分の欲しいカラコンの商品化に向けて
マジで取り組む部活です!

「カラコン開発部」は、さまざまな企業との産学連携に取り組むBLEA学園グループ女子生徒の「カラコン開発にチャレンジしたい!」という多くの声から、その実現に向けて有志参加型の「部活」として生まれたパレンテとBLEA学園グループの産学連携プロジェクトです。

部活だけどマジ。カラコンの商品知識や正しい装用方法、販売に向けたレンズ・パッケージのデザイン、マーケティングまで、ビジネスの側面から講義やワークショップで学び、コンテストではパレンテが開発・販売する「WAVE ワンデー UV RING plus」シリーズの新商品として、自分の作ったカラコンの商品化にチャレンジします。

なお商品化されたカラコンはパレンテ運営のコンタクト通販サイト「レンズアップル」などで販売される予定です。レンズアップルはコチラから!

P U R P O S E プロジェクトの目的

プロジェクトに取り組むBLEA学園グループ女子生徒たち

時代を動かすリアルユーザーの
「Interest,Fun&Passion」×ビジネスの力
秘めた才能を開花し、 新たな共感を生み出して
社会の価値選択の常識を変える。

新たなカルチャー、トレンド、ファッションの発信源として時代をリードするJK・JDの代表的な存在といえるブレア学園の学生がリアルユーザーとして抱く関心や楽しみ、情熱といった感性には秘められた才能が隠されています。

「カラコン開発部」では、価値を具現化して社会に届ける力を持つビジネスとその感性を融合することで、いち早く才能として開花させ、カラコン開発の活動を通じて「本当に欲しいもの」を選ぶ際の常識を塗り替える新たな共感と価値を届けることを目指して活動しています。

R E C O R D 活動記録

  • 2020.10.16 第1回 コンタクトレンズ・カラコン基礎知識&体験

  • 2020.11.2 第2回 マーケティング講座&ワークショップ

  • 2020.11.13 第3回 カラコンデザイン講座&ワークショップ

  • 2020.11.20 第4回 カラコンデザインコンテスト プレゼン発表

    第4回 カラコンデザインコンテスト プレゼン発表
  • 2021.3.13 第5回 デザインコンテスト授賞式 @BLEA Festival

  • 2021.3.25 第6回 受賞作品商品化 カラー名称ディスカッション

  • 第1回は、自称「コンタクト社長」の代表吉田を講師としたカラコン基礎講座。
    初めにデザインコンテスト開催、最優秀作品の商品化や「カラコン1年分」の提供も発表されてみんな目が真剣に。講座では実際のカラコンに触れながら、レンズやカラー構造、数値の意味・見方、正しい扱い方、果ては環境問題まで、理想のカラコンづくりを目指して「基本のキ」を学びました。次回に向けては「自分が欲しいカラコンを買ってくる」宿題も。

  • 第2回は、カラコンを売るために必要な「マーケティング」基礎講座。定義を学んだ後、宿題で買ってきた「自分の欲しいカラコン」についてアンケートに回答。その場で集計結果を見ながら「なぜこのカラコンを選んだのか?」という観点でカラーやデザイン、価格、イメージモデル、パッケージ、購入場所など、売れるカラコンの要素をマーケティング視点で導き出すための模擬会議を実施。マーケティングへの理解を深めました。

  • 第3回は、いよいよレンズデザインをワークショップで体験。プロの商品企画担当者からレクチャーを受け、「自分のつけたい理想のカラコン」づくりへ突入。色鉛筆とシートを使って理想像を創りあげていきます。レンズ・パッケージデザイン、カラー名、販売価格、イメモ、キャッチコピー、着色直径・DIA、デザインをより具体化するためのイメージワードまで、実際の販売を想定して企画し、次のデザインコンテストに挑みます。

  • 第4回は、これまで学んだ知識を活かし、前回からさらにブラッシュアップした作品のプレゼン発表です。WAVE RINGの新色として商品化の夢を叶えるため、自分の創ったカラコンを世の中に届けたい!という情熱をもった13名がコンテストに参加し、個性的かつ独創的な18点もの作品が集まりました。プレゼンは緊張の連続でしたが、一人ひとりが理想のカラコンについて想いをぶつけました。

  • 18点の個性的で独創的なエントリー作品が集まったデザインコンテストの受賞者発表。授賞式はクラブ貸し切りで開催された学園祭「BLEA FESTIVAL」の中で行われました。ビジネスの視点でプロが厳しく審査し、6名の受賞者が選ばれました。大盛り上がりの雰囲気の中、代表吉田から受賞者発表に続いて受賞作の商品化についても発表されると会場のボルテージは最高潮に!

  • 商品化が決定した受賞者4名のデザインをもとにしたサンプルレンズができあがりました。装用画像を見ながら自分のイメージと合っているかレビュー。修正したいポイントを書き出してさらに自分のイメージに近づけていきます。その後は、商品につけるカラー名を検討。自分のイメージと想いをカラー名に込め、候補をリストアップしていきました。

C O N T E S T カラコンデザインコンテスト

カラコンデザインコンテスト授賞式後の様子

理想のカラコンの商品化を目指して
コンテストにチャレンジ

学んだ知識を活かし、“自分の着けたい理想のカラコン”をテーマとして、商品化を目指すコンテストを開催。商品コンセプト、レンズ・パッケージデザイン、製品仕様、販売価格に至るまで生徒自らが企画。世の中に自分の創ったカラコンを届けたい!という夢をもった13名がエントリーし、個性的、独創的な18点もの作品が集まり、プレゼンも実施しました。

渋谷「CLUB CAMEROT」で開催された学園祭「BLEA FESTIVAL」で行われ、厳しい審査を通過した6名の受賞者が選ばれ、代表の吉田が発表。大盛り上がりの雰囲気の中、商品化決定も発表されると会場のボルテージは最高潮に!

A W A R D コンテスト受賞者インタビュー

写真をクリックタップすると受賞者のインタビューをご覧いただけます。

B R E A ブレア学園とは

BLEA学園グループの女子生徒たち

最新トレンドを生む
「女の子の”好き”が実現できる学校」

BLEA学園グループは、2000年に渋谷でファッション・ネイル・メイクを学べるスクールとして運営を開始し、2002年に「女の子の”好き”が実現できる学校」をコンセプトに女子高等部を、2006 年には大学部、専門部も設立し、学校法人でなく民間企業が運営するスクールとして、既成の枠にとらわれない個性的で独創的な学生の教育を展開しています。

卒業生は、ファッション・美容業界で多く活躍するほか、モデルやタレント、またInstaram等のSNSインフルエンサーとして活躍する卒業生も輩出し、「ゆ~ちゅ~部」や「TikTok部」など、ユニークな部活の設立やファッション関連企業などとの産学協同プロジェクトの実施などの学園の取り組みは、最新トレンドやカルチャーの発信基地としてTVをはじめ各種メディアからも高く注目されています。

W A V E WAVE RINGとは?

WAVE RINGのパッケージ

「私の理想」を詰め込んだ「RING」新商品は、
2022年発売開始を目指し絶賛開発中!

「WAVE ワンデー UV RING plus」は、「みんなにやさしい」をコンセプトに、ユーザーの声を反映し、すべてをシンプルにすることで毎日を快適に過ごせるよう開発された当社のオリジナルコンタクトシリーズ「WAVE」のカラコンブランドです。

見たい、会いたい、行ってみたい!やりたいこと、楽しいことに、自分の全部をつぎこみたい!そんな好奇心いっぱいの自由な生活を応援するカラコンとして、現行のナチュラルベール&ヴィヴィッドベールでは、裸眼のような自然さ、確実に目元の印象がアップするデザインなど、「大人きれいな瞳」をコンセプトに開発されました。

はたして「カラコン開発部」のJK・JDが生み出す「RING」は、どんな好奇心が詰め込まれたシリーズになるのか、今から要チェックです!

M E M B E R プロジェクトメンバー

プロジェクトメンバー

カラコンを愛する20~40代の男女で構成された個性豊かなメンバー。ブレア学園の学生のパワーに負けじと事あるごとに打ち上げしながら奮闘中↑↑今後のプロジェクトの動向に乞うご期待!

プロジェクトに関するお問い合わせはpr, parente.jpまで